自首に同行して欲しい | 大阪の刑事事件に強い弁護士

都 祐記弁護士 刑事事件専門サイト
初回相談無料、06-7777-4360 メールでのお問い合わせ
自首に同行して欲しい画像

自首に同行して欲しい

犯罪行為をしてしまった場合、警察に逮捕される前に「自首をしたい」と考える人もいるのではないでしょうか。
もしこれから自首をする場合、弁護士に同行してもらうのがおすすめです。自首後の流れがスムーズになりますし、刑事手続きに関するアドバイスも受けられます。

自首とは

自首とは、罪を犯した者が、自ら罪を犯した事実を警察・検察といった捜査機関に申告し、処分を求める行為のことをいいます。
ただし、自首が認められるためには、警察や検察に行くタイミングも重要です。自首が認められるためには、犯罪があった事実または犯人が捜査機関に発覚する前に、犯行を打ち明ける必要があるからです。
すでに捜査機関が犯罪事実や犯人を把握している場合には、自ら犯行を打ち明けたとしても自首は成立しません。
したがって、「自首をしたい」と思った場合にはできるだけ速やかに行動する必要があるといえます。

自首をするメリット

自首をするメリットは、刑が軽くなる可能性があることです。犯した罪が比較的軽い場合には、逮捕されずに済んだり、不起訴になったりするケースもあります。また、逮捕・起訴が免れないような重い犯罪であっても、「情状酌量の余地がある」と裁判官が判断して、結果的に量刑が軽くなったり、執行猶予がついたりすることも珍しくありません。

自首までの流れ

自首をする場合、自ら警察署に行く必要があります。その場合、1人で赴くこともできますが、誰かに付き添ってもらうことも可能です。
このとき付き添ってもらう人は家族、恋人など誰でも構いません。ただ、自首した後の取り調べのことなども考えると、弁護士にも同行してもらうのがおすすめです。
警察に行く前に弁護士に相談すると、自首の後の流れについての説明も受けられますし、取り調べなどに対するアドバイスも受けられます。また、自首するということがわからないように配慮しながら、事前に警察への連絡も行ってくれるため、警察に到着した後の流れもスムーズです。
警察に自首をした後は、まず任意での取り調べがあり、逮捕状が発行された時点で逮捕となります。ただし、逃亡・証拠隠滅のおそれないなどの事情があれば、身柄を拘束されず、在宅での取り調べにしてもらえる場合もあります。

犯罪行為をしてしまったら発覚前に弁護士に相談を

自首を検討している場合、弁護士にあらかじめ相談しておくことで、自首後も様々なサポートが受けられます。
もし、あなた、もしくはあなたの大切な人が犯罪にあたる行為をしてしまったら、捜査機関に事件が発覚する前にぜひ一度弁護士にご相談ください。

刑事事件はスピードが命!365日24時間即時対応