家族と連絡をとりたい | 大阪の刑事事件に強い弁護士

都 祐記弁護士 刑事事件専門サイト
初回相談無料、06-7777-4360 メールでのお問い合わせ
家族と連絡をとりたい画像

家族と連絡をとりたい

身に覚えのない無実の罪で逮捕されてしまったような場合、被疑者とされた方としては当然「自分はやっていない」と主張し、無罪を証明してほしいと考えることでしょう。
しかし、現実的には日本の刑事裁判における有罪率は99%ともいわれており、無罪を証明するのはきわめて困難です。
それでも、無罪を主張したい場合、どのようなことがポイントになるのでしょうか。以下、詳しく見ていくことにしましょう。

無罪を勝ち取るために大切なこと

無罪を勝ち取るためには、最後まで諦めないこと、そして信頼できる味方を得ること、この2つが重要です。

無罪を最後まで主張し続けること

無罪を証明したいと思ったら、まず最後まで「自分はやっていない」と主張し続けることが大切です。
無罪の主張をした場合、「罪を認めていない」ということで逮捕後の保釈も認められにくくなります。身柄拘束が長期にわたること、また連日厳しい取り調べが続くことから、途中で精神的に追い込まれてしまうケースもあるかもしれません。
しかし、ここで嘘の自白をし、罪を認めてしまうと、後になって再び無実を主張するのはきわめて困難です。
もし、無罪を主張し、身の潔白を証明したいのであれば、最後まで無実であることを訴え続ける必要があります。

弁護士のサポートを受けること

信頼のできる弁護士を見つけ、助けを求めることも重要になります。
無実を勝ち取るための戦いは厳しく、1人で戦い続けるのは精神的に困難です。また、いくら被告人が無実を主張しても、その主張を説得力を持って裁判官や裁判員に伝えてくれる人がいなければ、結果的に有罪という判定が覆るのは難しくなります。
そこで登場するのが、被告人の人権を守り、ともに戦ってくれる弁護士という存在なのです。
弁護士は被告人となった人のために弁護活動を行い、また精神面でも依頼人をバックアップします。無罪を勝ち取るためには、心強い味方といえるでしょう。

弁護士の行う弁護活動とは

依頼人の無実を証明するため、弁護士は様々な弁護活動を行います。たとえば、依頼人に代わって現場検証や聞き込みを行い、無罪を裏付ける証拠を探すといったこともしますし、法廷で被害者や目撃者の証言の矛盾を突いて証言に信憑性がないと主張するといったことも行います。
このように、弁護士は法律・刑事裁判の専門家として、無罪を証明するために必要な証拠集めなどを丁寧に行い、また法廷では説得力のある主張を展開して被告人を援護します。
もし見に覚えのない犯罪に巻き込まれてしまったら、まずは弁護士にご相談ください。

刑事事件はスピードが命!365日24時間即時対応